社会人への基礎訓練

大学生の頃、ゲームショップでアルバイトをしていました。

きっかけは、海外の研修プログラムに参加する費用や、部活の費用を自分で稼ぎたかったというものでした。

もうひとつの理由は誰にも言えないのですが、僕は包茎で・・・その手術費用が必要だったんです(´・ω・`)

手術をしてもらえるところも調べてあったのであとは費用だけが問題だったんです・・
登録制のバイトもやりましたが、いつ仕事が入るかわからないし、長く続けたいということで選んだレギュラーのバイト先が、自分がよく利用していたゲームショップでした。
無事採用されて(採用理由は真面目そうだった、らしい)仕事を始めてみたところ、初めての接客業とあって最初は恥ずかしかったり中々声がでなかったりでしたが、好きな店、職種での仕事とあって、職場では楽しくやれました。
電話応対、あいさつ、お金の数え方、渡し方、領収書の書き方などある程度の接客業務、お金の受け渡しに必要なことはこのバイトで学ぶことができました。
現在、社会人として働いている職場では、専門職として採用されましたが、たまに事務所にいるため電話応対もしますが、勤め始めた頃に、ほかの社員から教えていないのに電話応対ができている、とほめられました。
当時のバイト仲間は皆、仲間意識も強く、よく遊びに出掛けたりしていました。
学校以外の友人というのも全くジャンルが違うため、話をしていてある程度シフトは融通をきかせてもらったので、学業との両立も出来ました。
ひとつ難点があったとすれば、ゲームの情報がたくさん入ってくる為、ゲームにどんどん詳しくなってしまい、稼いだバイト代が結局ゲームに消えてしまう・・・という本末転倒な事になることも多々ありました。